紅茶の成分と効能

「紅茶」と言えば、インドやスリランカの紅茶を思い浮かべる方が多いかと思いますが、実は国産の紅茶があるのをご存じですか?

国産の紅茶は、外国産に比べて一般的にやさしい味わいです。そのままでもほんのり甘みが感じられ、砂糖やミルクを足さない習慣を持つ日本人好みの味だと思います。

また、日本の水や食事と相性が良いので、和菓子や普段の食事にもぴったりです。

美味しいだけでなく、紅茶には体に良い成分がたっぷりと含まれています。

ダイエット・肥満防止に                                                          紅茶に含まれるカフェインには、覚醒作用、興奮作用があるため集中力を高める効果があります。マラソン選手の間では紅茶をスポーツ飲料として飲むということが一時ブームになった時期がありました。普通、エネルギーは糖質の燃焼から脂肪の分解の順に消費されますが、カフェインを多く含んだ紅茶を飲んでから運動すると、この順序が逆転し、脂肪が先に消費されるため、持久力が出るといわれます。そのため、マラソン選手の間では、紅茶をレース前やレース中に飲むと効果的とされています。このように、ダイエットや肥満防止の目的で運動する際に紅茶を飲むと、ホルモン分泌を盛んにし、新陳代謝を促進してくれるという嬉しい期待も。

リラックス効果と老化防止に                                                        カフェインには覚醒作用、大脳刺激作用、疲労回復作用などがあるため、疲れやイライラといったストレス解消に効果があります。カフェインの刺激をテアニンが抑制するため、穏やかで飲みやすくなります。たま、タンニンに含まれるさまざまな作用が老化防止にもつながり、美容効果も期待できます。

風邪予防に                                                                紅茶に含まれるカテキン類は、風邪のもとであるウイルスの活性を抑えてくれる作用があります。これはカテキン類の消毒・殺菌作用に感染を防ぐ効果があるためだと言われています。しかし、風邪を引いてしまってからでは効果が低いので、のどがイガイガするときなど、風邪を引く前から紅茶うがいをすることをオススメします。また紅茶には体を温める効果もあるので、寒い日には体を冷やす飲み物ではなく、紅茶を飲んでみてはいかがでしょうか。

虫歯予防に                                                                紅茶に含まれるタンニンにはカテキン類のほかに、紅茶フラボノイドと、歯の組織を強くするフッ素が含まれています。またカテキン類には殺菌作用や消毒作用があるので、虫歯の原因となる菌や歯垢を防ぐ効果があります。

 

 

女性向けエステ.com|童話集|MY2-Link|相互リンク|相互リンク募集中|オーディオ|英語上達の秘訣|FXシストレ比較|主婦の在宅ワーク|健康マニアによる無病ライフ|貯蓄|JALカード|工務店向け集客ノウハウ|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|女性と美容と美容と健康のためのアンチエイジング|